FX初心者の為の相場分析方法ファンダメンタルとテクニカル

 

この記事を書いている人 - WRITER -
KEN46
コンピュータの専門学校を卒業後、先物取引の会社に入社。3か月間の研修後、現場に配属されるも1ヵ月で退社。その後、ITバブルのころ派遣で仕事をしていた会社が上場。正社員が小金持ちになっていく姿を目の当たりにする。これまでの投資経験は1回のみだが、ビギナーズラックで利益が出た。2018年、とある事情でFXに挑戦してみることに・・・。

FX初心者と言えど投資をするわけですから、何を基準に売ったり、買ったりすればいいのかはとても気になるところです。

例えば、あなたが車を買おうと思ったら、

  • 欲しい車の情報を調べまくって安く買えるところ
  • サービスのいいところ
  • おまけをいっぱいつけてくれるところ
  • 営業マンが気に入ったところ

など、何らかの基準で判断して買うハズです。

車を売るときも、

  • 高価に買取をしてくれるところ
  • 売った車がきちんと使われていることがわかるところ
  • 担当者が気に入ったところ

など、これもまた何らかの基準で判断して売りますよね。

では、FXはいったい何を基準に判断して、売ったり買ったりするのか。

この記事では、FXのみならず株式や商品取引などの投資で使われている分析手法「ファンダメンタル」と「テクニカル」についてお話していきます。

 

新聞や経済指標を基準に判断するファンダメンタル

 

FXは2国間の異なる通貨の為替取引です。

例えば、あなたは「アメリカの景気が良くなる」というニュースを聞いたとき、アメリカの通貨であるドルの価値が上がると思いますか、それとも下がると思いますか。

アメリカの景気が良くなるっていうことは、アメリカ人がたくさんモノを買うようになるから、日本からの輸出も増えそうな感じがします。

FXで一儲けした孫子さん

ということは・・・・。

  • ドルが安くなって円が高くなる?
  • それとも、ドルが高くなって円が安くなる?
  • いやいや、最初はドル高円安になってしばらくしたら円高ドル安になる?

そう、こんな風にニュースなどから判断していくのがファンダメンタルです。

 

では、簡単にファンダメンタルのメリット、デメリットをまとめておきます。

 

ファンダメンタルのメリット

  • ニュースや新聞を読むだけでOK
  • 世界情勢に明るくなる

 

ファンダメンタルのデメリット

  • 短期的な値動きには対応できない
  • 勉強し続ける必要がある

 

過去に起こった値動きを基準に判断するテクニカル

 

テクニカルは、過去の値動きを数学的に分析して、これからの値動きを予想する方法です。

分かりやすく言えば、大学受験の過去問を解いて、本番の試験問題を予想するという感じになります。

このテクニカルは、世界中で古くからおこなわれていて、さまざまなテクニカル指標というものが存在します。

分かりやすく言えば、問題を解く公式みたいなものです。

なので、テクニカル指標はたくさんたくさん存在します。

そんなテクニカル指標の中で最も有名なのが「移動平均線」やで

FXで一儲けした孫子さん

 

では、簡単にテクニカルのメリット、デメリットをまとめておきます。

テクニカルのメリット

  • チャートを見ているだけでOK
  • ニュースや新聞を読まなくてもOK
  • 分析力次第で精度が上げられる

 

テクニカルのデメリット

  • 必ずしも過去の相場通りにはならない
  • 緊急事態には対応できない

 

ファンダメンタルとテクニカル、どっちが良いの?

 

では、FX初心者にとって、ファンダメンタルとテクニカルのどっちがいいのか・・・。

 

 

 

ぶっちゃけ、どっちでもいいわけです(^^;

あなたのトレードスタイルに合わせて、使い分けてもらうのが一番です。

FXは100戦して100勝することは難しいので、如何に勝てる確率を増やしていくのかがポイントです。

言い換えれば、負けなければ勝てるということです。

 

ま、言うは易く行うは難し・・・

FXで一儲けした孫子さん

 

ただ一つ言えることは、すべては自己責任が必要ということです。

誰かの意見を参考にして利益が出た時は自分の才能に酔いしれ、損が出た時は誰かのせいにするのでは、ちょっと人間性を疑いたくなりますよね。

 

どちらにしても、あなた自身が後悔しないようにトレードすることが一番です。

おしまい

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
KEN46
コンピュータの専門学校を卒業後、先物取引の会社に入社。3か月間の研修後、現場に配属されるも1ヵ月で退社。その後、ITバブルのころ派遣で仕事をしていた会社が上場。正社員が小金持ちになっていく姿を目の当たりにする。これまでの投資経験は1回のみだが、ビギナーズラックで利益が出た。2018年、とある事情でFXに挑戦してみることに・・・。
 

Copyright© そろそろFXを始めてみようと思う , 2018 All Rights Reserved.