2018/01/31

FXとは?株、先物とは一体ナニが違うのか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
KEN46
コンピュータの専門学校を卒業後、先物取引の会社に入社。3か月間の研修後、現場に配属されるも1ヵ月で退社。その後、ITバブルのころ派遣で仕事をしていた会社が上場。正社員が小金持ちになっていく姿を目の当たりにする。これまでの投資経験は1回のみだが、ビギナーズラックで利益が出た。2018年、とある事情でFXに挑戦してみることに・・・。

そもそも、FXって一体ナニ?

最近は、仮想通貨っていうのもでてるけど、何が違うの?

ウチのお父さんやおばあちゃんがやっていた株式投資や先物取引と比べて、儲かるの?

等々、FXというか投資に関する疑問って結構たくさん出てきますよね。

この記事では、2018年FXを始めてみようと思うぼくが、FXとは一体何なのかを調べまくって、力説したいと思います。

 

FXとは

FXとは、Foreign eXchangeの略で、正式名称は「外国為替証拠金取引」と言います。

ここで2つわからない言葉が出てきました。

外国為替証拠金取引です。

では、続いて外国為替と証拠金取引について説明をしていきます。

 

外国為替とは

Wikiによると、外国為替は次の様に解説されています。

外国為替(がいこくかわせ)とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。

 

『・・・・』

良くわかりませんね・・・。

 

もう少し分かりやすく、説明を試みるとこんな感じです。

例えば、アメリカの通貨ドルと日本の通貨円で考えてみましょう。

※「通貨を異にする」って書いてあるから、アメリカと日本(笑)

アメリカのドルと日本の円は、そもそも価値が違います。

だって、ドルはアメリカ、円は日本で日常的に使う通貨です。

そもそも、アメリカの通貨はドルとセントの2種類、日本は円の1種類です。

これが、完全に同じ価値を持っているかと言えば、決してそんなことはないですよね。

 

もし、あなたがある日突然見ず知らずの人から、「100万ゼニー、プレゼントします」と言われても、嬉しくないですよね。

だって、もらっても使えないし、そもそも100万ゼニーの価値は誰も保証してませんからね。

つまり、通貨は誰かが保証することで成り立っているわけですよ。

円なら日本、ドルならアメリカが保証しているから、ぼくたちは安心して使っているのです(^^)

 

そうはいっても、会社の給料がいきなりドルで支払われても困りますよね。

コンビニに行って肉まんを買おうと思って、1ドル出しても買い物できません。

ちょっと、スーパーで買い物しようと思って20ドル札を出してもお釣りももらえません。

そこで、ドルを円に交換しないといないわけです。

このドルを円に交換することを、両替と言います。

 

で、この両替をするとき、1ドルは何円なのか?って気になりますよね。

それを決めているのが、外国為替相場です。

 

証拠金取引とは

続いて、証拠金取引です。

一般的に、株式投資は株式を購入するとき、お金を支払い。

購入した株式を売却するときに、お金をもらいます。

例えば、NINTENDOの株式を購入するときにまとまったお金を払い、売却するときにまとまったお金をもらいます。

その差額が、増えていれば利益が出たことになりますし、減っていれば損を出したことになります。

 

しかし、証拠金取引は、商品を購入したときの価格から商品を売却したときのお金を差し引きしたお金を、売却するときにもらいます。

逆に、買った時より売ったときの方が価格が下がっていたら、お金を払います。

 

 

でも、いきなり商品を売ったり買ったりすることはできません。

そこで、証拠金というお金を預けておく必要があります。

要するに担保です。人質です(^^)

 

この証拠金を使った取引が証拠金取引です。

つまり、売ったときに利益が出ていえばお金がもらえますし、損が出ていれば証拠金から引かれていきます。

しかも、証拠金取引は、取引に必要な証拠金が、実際の取引額より小さくなるため、少ない資金で大きな金額を取引することができます。

これを、レバレッジ効果いいます。

例えば、証拠金1万で10万の取引ができる場合、レバレッジは10倍ということです。

 

因みに、この証拠金取引ですが『先物取引』でも使われている取引方法です。

しかも、証拠金取引は江戸時代の大阪の米相場が発祥です。

 

つまり、FX(外国為替証拠金取引)とは

外国為替相場で変動している為替を証拠金を使って取引します。

例えば、証拠金1000円で、1ドル100円の時に100ドル購入して、1ドル110円の時に100ドル売却するとします。

つまり、10000円で購入して11000円で売却しているので、最終的には1000円がもらえます。

実際に購入時に10000円は必要なく、必要なのは証拠金1000円だけ。

この少額資金でのレバレッジ効果がFXの魅力なんでしょうね・・・・

 

でも、儲かるばかりが投資じゃないですよね。

購入した時より価格が下がることもありますよね・・・。

そんな時はどうすればいいのか・・・・。

FXのメリット・デメリットを調べて書いていきたいと思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
KEN46
コンピュータの専門学校を卒業後、先物取引の会社に入社。3か月間の研修後、現場に配属されるも1ヵ月で退社。その後、ITバブルのころ派遣で仕事をしていた会社が上場。正社員が小金持ちになっていく姿を目の当たりにする。これまでの投資経験は1回のみだが、ビギナーズラックで利益が出た。2018年、とある事情でFXに挑戦してみることに・・・。
 

Copyright© そろそろFXを始めてみようと思う , 2018 All Rights Reserved.